9月19-20日 惑星大気物理学特論 集中講義

今日明日に藤原均客員教授(成蹊大学)をお招きして惑星大気物理学特論の集中講義を開講します。電離圏・熱圏での物理・化学過程についてわかりやすく解説頂きます。奮ってご参加ください。

担当教員:藤原 均(客員教授)
所属:成蹊大学
開催日時:9月19日(木)10:30-16:40、20日(金)10:30-16:40
場所:物理系研究棟地球物理学教室第一講義室719号室
授業内容:電離圏・熱圏の物理学
お問い合わせ先:笠羽康正(教授)TEL内線6734 / email : kasaba@pat.gp.tohoku.ac.jp
概要
惑星電離圏は、太陽からのエネルギー流入や下層大気の影響により極めて多様に変動している。さらに、中性大気とプラズマとの相互作用も惑星電離圏の性質を決める上で本質的なプロセスである。本講義では、電離圏での物理・化学過程のいくつかについて、地球と他惑星の例を示しつつ紹介する予定である。

Speaker : Guest Prof. Hitoshi Fujiwara
Affiliation : Seikei University
Date & Time : Sep 19-20 10:30-16:40
Contact : Yasumasa Kasaba, kasaba@pat.gp.tohoku.ac.jp
Title : Introduction to the ionosphere and thermosphere
Abstract :
The planetary ionospheres show significant variations due to the solar energy inputs and the influence of the lower atmosphere. In addition, coupling processes between the neutral species and plasmas and fundamental to form the characteristics of the ionospheric features. In this lecture, some ionospheric processes (both the physics and chemistry) will be explained with comparing the Earth’s ionosphere with planetary ones.