火星電離圏界面におけるKH不安定の数値シミュレーション

渦

火星は地球のような固有磁場をもたない、非磁化惑星と呼ばれる惑星です。そのため、惑星の超高層大気は太陽から吹き付けるプラズマや磁場と直接相互作用する環境にあります。この相互作用によって惑星の電離大気が宇宙空間へ流出することがわかっており、火星の長い大気環境の変化に大きな影響を与えてきたと考えられています。私は、この太陽風プラズマと惑星電離大気の界面に発生しうると考えられるケルビン–ヘルムホルツ(KH)不安定に着目し、これを介した大気散逸現象を数値シミュレーションを用いて研究しています。

Because the Mars has no intrinsic magnetic field, the solar wind flow directly interacts with the planetary ionosphere. As a result of this interaction, ionospheric ions can escape from Mars and this is the one of important processes to understand of atmospheric evolution on Mars. Focusing on the Kelvin-Helmholtz (KH) instability which can occur the boundary between solar wind plasmas and ionospheric plasmas and using numerical method, we would like to understand its physical mechanisms and how much ions can escape from Mars through the KH instability.

[相澤]