仙台市天文台×東北大学大学院理学研究科公開サイエンス講座9月15日開催のご案内

7,8月誕生日会

8月2日のお昼に7月、8月生まれの方の誕生日会を行いました!

ケーキはもちろん、夏ということで涼しくそうめんもいただきました。(食べることに夢中で写真は撮り忘れました…)

7,8月生まれのお三方お誕生日おめでとうございます!!

サイエンスデイ2019レポート

今年もたくさんの子供たちにきていただきました(来場者数のべ808名)。ありがとうございました!とりまとめの山岸さん、学生のみなさんおつかれさまでした!

PSTEP-SEP-CDAW2019開催のお知らせ

  PSTEP-SEP-CDAW2019開催のお知らせ(2ndサーキュラー)

 太陽高エネルギー粒子(SEP; Solar Energetic Particle) に関する
データ解析ワークショップ(CDAW; Coordinated Data Analysis Workshop)を
開催します。

 SEPは高緯度を飛行する航空機における被ばくや人工衛星の障害など社会基盤に与える影響が大きく、宇宙天気研究における重要な現象です。SEP研究は、太陽フレアやコロナ質量放出(CME;
Coronal Mass
Ejection)における粒子加速機構や惑星間空間での伝播過程など、多くの専門分野に関わる一方、日本では必ずしも活発には行われていません。昨年、新学術領域PSTEP「太陽地球圏環境予測」の枠組みの下、PSTEP-SEP-CDAWを京都で開催し、CMEとSEPについての新たな知見が得られたのみならず、研究者間の交流が活発に行われ成功裡に終わりました。今回、CDAWの第2弾として、本ワークショップを開催することで、日本におけるSEP研究を一層推進したいと考えています。解析テーマなどの詳細はワークショップWebページをご覧ください。

〇日程:2019年8月6日(火)~9日(金)

〇場所:東北大学理学研究科 合同C棟 多目的室
(仙台市青葉区荒巻字青葉6-3)
# 地下鉄地下鉄東西線「青葉山」駅下車すぐ

〇ワークショップWebページ:
https://sites.google.com/view/pstep-sep-cdaw2/
招待講演を含むプログラム、解析テーマなどは
こちらに公開しています。

また、昨年度のCDAWについては、
https://sites.google.com/view/pstep-cdaw/home
をご覧ください。

〇参加申込
https://sites.google.com/view/pstep-sep-cdaw2/registration?authuser=0
からお願いします。
【!参加申込締め切り!】2019年7月6日
上記ワークショップWebページからもたどれます。

※なお、参加申込ページには、旅費援助のご希望の有無についての回答欄が
ありますが、本CDAWは財源が大変限られており、
ご希望に添えない場合があります。

〇その他
・登録費はありません。
・SEPに関する基調講演(レビュー)を前半に行い、その後各テーマごとに集中してデータ解析に取り組んで頂きます。最終日は発表会を開催します。
・仙台七夕の期間中のため、参加をお考えの皆様は早めに宿を確保されますことをお勧めします。
・初日(8月6日)の夕刻に懇親会を開催する予定です。

〇世話人
SOC:小原(東北大)、新田(米・ロッキード)、八代(米・カトリック大)、片岡(極地研)、岡(米・UCバークレー校)、一本、浅井(京大)
LOC:小原、三澤(東北大)

7月14日(日)学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2019

7月14日(日)東北大学川内キャンパスにて 学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2019 が開催されます。
科学って、そもそもなんだろう?―『学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ』は、「科学の”プロセス”を子どもから大人まで五感で感じられる日」をコンセプトに、「学都」として知られる「仙台・宮城」において、2007年度から毎年7月に開催している体験型・対話型の科学イベントです。
理学部・理学研究科からは下記の団体が出展します。
いろんなブースをまわってご家族みなさんでお楽しみください!

■日 時:2019年7月14日(日)9:00〜16:00
■場 所:【メイン会場】東北大学川内北キャンパス
■主 催:特定非営利活動法人 natural science
■参 考:昨年度の様子はこちらからご覧になれます。

■東北大学大学院理学研究科太陽惑星空間系領域「太陽系の歩き方」

・対 象:こどもから~大人まで
・会 場:B103
・申 込:申込不要
・内 容:
みなさんは太陽系の惑星についてどれだけ知っているでしょうか?
水金地火木土天海…並び順は知っていても、それぞれがどんな惑星なのか知っている人は少ないのではないでしょうか。
そこで私たちは惑星についてもっと知るための太陽系旅行をご提案します。
惑星の見所満載の旅行ガイド「太陽系の歩き方」を手に、各惑星への旅行を通して太陽系の惑星についてもっと詳しくなりましょう!

■東北大学理学部・理学研究科広報サポーター「モアモアしおりをつくろう」

・対 象:こどもから~大人まで
・会 場:A202
・申 込:申込不要
・内 容:
簡単な点や線を印刷した透明(とうめい)シートを重ねると、あらふしぎ、きれいなもようができるよ。光の干渉(かんしょう)によって生まれる「モアレ」を使って、模様の変わる「モアモアしおり」を作ろう!
同じパターン模様を少しずらして配置するときに浮かび上がる特徴的な干渉縞「モアレ」は、橋やトンネルなどのたわみなど様々な「ずれ」を感知する技術に応用があり、近年特に注目を集めています。このブースでは、モアレ干渉縞(かんしょうじま)を利用した世界に一つだけのマイしおりをつくります。興味のある人は、色々なパターンを組み合わせて実験し、どうしてこのような現象が起こるのか、考察をしてみましょう。

中村 勇貴 さん、吹澤 瑞貴 さん、高見 康介 さんが日本地球惑星科学連合2019年大会において学生優秀発表賞を受賞

地球物理学専攻 博士課程前期2年 中村 勇貴 さん、博士課程後期1年 吹澤 瑞貴 さん、博士課程後期3年 高見 康介 さんが日本地球惑星科学連合2019年大会において学生優秀発表賞を受賞しました。

■受賞者:地球物理学専攻 博士課程前期2年 中村 勇貴

■賞 名:日本地球惑星科学連合2019年大会 学生優秀発表賞

■受賞論文:Axisymmetric conductivities of Jupiter’s middle- and low-latitude ionosphere

■受賞年月日:2019年7月10日 

■授与機関:日本地球惑星科学

■関連URL :http://www.jpgu.org/ospa/2019meeting/

■受賞者:地球物理学専攻 博士課程後期1年 吹澤 瑞貴

■賞 名:日本地球惑星科学連合2019年大会 学生優秀発表賞

■受賞論文:Correlation between pulsating aurora and electrostatic electron cyclotron harmonic waves obtained from coordinated Arase and ground data

■受賞年月日:2019年7月10日 

■授与機関:日本地球惑星科学

■関連URL :http://www.jpgu.org/ospa/2019meeting/

■受賞者:地球物理学専攻 博士課程後期3年 高見 康介

■賞 名:日本地球惑星科学連合2019年大会 学生優秀発表賞

■受賞論文:Temperature and wind variations in Venusian mesosphere and lower thermosphere by mid-infrared heterodyne spectrometer in 2018

■受賞年月日:2019年7月10日 

■授与機関:日本地球惑星科学

■関連URL :http://www.jpgu.org/ospa/2019meeting/

2019

  1. Ishi, D., K. Ishikawa, M. Numazawa, Y. Miyoshi, N. Terada, K. Mitsuda, T. Ohashi, and Y. Ezoe (2019), Suzaku detection of enigmatic geocoronal solar wind charge exchange event associated with coronal mass ejection, Publications of the Astronomical Society of Japan (PASJ), 71, 23(1-10), doi:10.1093/pasj/psy142.
  2. Kuroda, T., E. Yiğit, A.S. Medvedev (2019), Annual Cycle of Gravity Wave Activity Derived from a High-Resolution Martian General Circulation Model. J. Geophys. Res. Planets, 124, 1618-1632, doi:10.1029/2018JE005847.
  3. Nakamura, Y., Y. Kasaba, T. Kimura, L. Lamy, B. Cecconi, G. Fischer, A. Sasaki, C. Tao, F. Tsuchiya, H. Misawa, A. Kumamoto, A. Morioka (2019), Seasonal variation of north-south asymmetry in the intensity of Saturn Kilometric Radiation from 2004 to 2017, Planet. Space Sci., in printing, doi:10.1016/j.pss.2019.104711.
  4. Noda, N., S. Imamura, Y. Sekine, M. Kurisu, K. Fukushi, N. Terada, S. Uesugi, C. Numako, Y. Takahashi, and J. Hartmann (2019), Highly oxidizing aqueous environments on early Mars inferred from scavenging pattern of trace metals on manganese oxides, Journal of Geophysical Research, 124, pp.1282–1295, doi:10.1029/2018JE005892.
  5. Sagawa, H., S. Aoki, H. Maezawa, H. Maezawa, H. Nakagawa, Y. Kasaba (2019), ALMA observations of the 2018 global dust storm on Mars: Temporal variation of the surface brightness temperature, Planetary People (Yuu-Sei-Jin), 28, 4, 277. (in Japanese)

6月誕生日会

6月誕生日会ということでセミナー後にケーキを食べました!

6月生まれのお二人おめでとうございます。