大学院入試説明会の仙台会場開催中止とオンライン開催のお知らせ

新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、今年の入試説明会は、仙台会場での開催は中止し、3月16日4月4日にオンラインで行います。 東京会場では今のところ4月25日に開催予定ですが、こちらもオンラインに変更するかもしれません。 詳しくは大学院入試説明会の頁をご覧ください。

院試説明会

院試説明会を3/16(月)と4/4(土)にN404室で開催予定です。

http://www.gp.tohoku.ac.jp/entrance-exams/entrance-exams-briefing.html
http://www.gp.tohoku.ac.jp/entrance-exams/entrance-exams-top.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第249回TOEIC L&R公開テスト(試験日:2020年4月12日(日))
申込締切は2020年3月3日(火)15時

第250回TOEIC L&R公開テスト(試験日:2020年5月24日(日))
申込締切は2020年4月7日(火)15時

第251回TOEIC L&R公開テスト(試験日:2020年6月28日(日))
のスコアは、本一般選抜試験の出願書類の受付期間後に追加提出が可能。

第252回TOEIC L&R公開テストは対象外となりますのでご注意ください。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

地惑融合勉強会2019

この勉強会は分野間の相互理解を深め, 新たなサイエンス創設・若手育成を図る場です. オープンで気軽にご参加いただける集まりになっています. 講演も各分野の用語解説から最先端のサイエンスまで様々です. 詳細・質問など, お近くのメンバーまでお気軽にお問い合わせください.  (世話人, 中川 広務)

2019年度スケジュール

第25回勉強会
日時;2019年9月25日(水)16:00JSTから
タイトル:MMX/MacrOmega BBM地上評価試験結果紹介
担当者 : 松岡萌(JAXA)・中川(東北大)

過去のリスト

*資料はこちらから (member only)

第24回勉強会
日時;2019年8月28日(水)16:00JSTから
タイトル:地球vs火星の超高層大気比較, 自身の研究紹介
担当者 : 中川広務(東北大), 清水雄太(東大)

第23回勉強会
日時;2019年8月7日(水)16:00JSTから
タイトル:RSL融合研究進捗・H2O2融合研究提案
担当者:青木(IASB)・黒川(ELSE)・今村(ELSE)・田畑(東大), 笠羽(東北大)

第22回勉強会
日時;2019年7月17日(水)13:00JSTから
タイトル:宇宙塵が惑星大気に及ぼす影響について
担当者:中村勇貴(東北大)

第21回勉強会
日時;2019年7月3日(水)13:00JSTから
タイトル:火星の化学組成(吉崎)・自身の研究紹介(野田)
担当者:吉崎昴(東北大)・野田夏実(ELSE)

第20回勉強会
日時;2019年6月19日(水)13:00JSTから
タイトル:火星における塩水流による地形的特徴に対する塩析出の役割(今村)・JIRAMエウロパ論文紹介(古賀)
担当者:今村翔子(ELSE)・古賀亮一(東北大)

第19回勉強会
日時;2019年5月22日(水)
タイトル:Search of shallow subsurface reflectors around RSLs in Martian Chryse and Acidalia planitiae by the MRO/SHARAD public data
担当者:大浦愛菜(東北大学)

第18回勉強会
日時;2019年3月13日(水)
タイトル:天文学における元素の起源の理解
担当者:田中雅臣(東北大学・天文)

第17回勉強会
日時;2019年2月13日(水)
タイトル:始原的隕石の2次元・3次元観察から探る初期太陽系物質進化
担当者:松本恵(東北大学・地学)

第16回勉強会
日時;2019年1月30日(水)
タイトル:希ガス宇宙化学 – 隕石から惑星大気まで –
担当者:小長谷智也(東北大学)

第15回勉強会
日時;2019年1月16日(水)
タイトル:宇宙塵研究の意義と南極微小隕石
担当者:清水翔太(東北大学)

第14回勉強会
日時;2018年12月19日(水)
タイトル:BepiColomboのサイエンス意義、水星の話
担当者:村上豪(JAXA/ISAS)

第13回勉強会
日時;2018年12月12日(水)
タイトル:隕石の宇宙化学
担当者:吉崎昴(東北大学)

第12回勉強会
日時;2018年11月14日(水)
タイトル:分野横断的アプローチで紐解く惑星大気と表層水の起源と進化
担当者:黒川宏之(ELSI)

第11回勉強会
日時;2018年10月17日(水)
タイトル:勉強会の今後の方針と活動について

第10回勉強会
日時;2018年10月2日(火)
タイトル:勉強会の今後の方針と活動について

第9回勉強会
日時:2018年9月11日(火)
タイトル:最新火星探査MAVEN/MMXで目指すサイエンス
担当者:中川広務・吉田奈央(東北大学)

第8回勉強会
日時:2018年9月4日(火)
タイトル:木星電波による氷衛星地下構造の探査
担当者:熊本篤(東北大)

第7回勉強会
日時:2018年8月21日(火)
タイトル:火星のレオロジー構造
担当者:松岡友希(広島大)

第6回勉強会
日時:2018年8月7日(火)
タイトル:鉱物分光レクチャ&はや2物理特性実験
担当者:天野香菜 (東北大)

第5回勉強会
日時:2018年7月17日(火)
タイトル:大気分光レクチャー
担当者:吉田奈央(東北大)

タイトル:欧州のExoMars TGOによる 火星大気観測
担当者:青木翔平(IABS)

第3回勉強会
日時:2018年6月19日(木)
タイトル:ガリレオ衛星の近赤外観測について
担当者:北元(JAXA/ISAS)

第2回勉強会
日時:2018年6月5日(火)
タイトル:地上観測紹介・はや2/MMXで目指すサイエンス
担当者:松岡萌(JAXA/ISAS)

第1回勉強会
日時:2018年5月8日(火)
タイトル:室内実験紹介・氷衛星について
担当者:木村智樹(東北大)

第0回勉強会
日時:2018年0月0日(0)
タイトル:概要・研究紹介
担当者:中川広務・松岡萌(東北大)

メールメンバー(名, 順不同)

松岡萌(JAXA/ISAS)
北元(JAXA/ISAS)
村上豪(JAXA/ISAS)
野村麗子(JAXA/ISAS)
植村千尋(JAXA/ISAS)
黒川宏之(ELSE)
庄崎弘基(ELSE)
今村翔子(ELSE)
野田夏実(ELSE)
伊藤祐一(北大)
吉田辰哉(北大)
仁木創太(東大)
清水雄太(東大)
田畑陽久(東大)
青木翔平(IASB, ベルギー)
相澤紗枝(IRAP, フランス)
松岡友希(広島大)
天野翠(広島大)
天野香菜(東北大・地学)
榎戸祐馬(東北大・地学)
小長谷智也(東北大・地学)
吉崎昴(東北大・地学)
清水翔太(東北大・地学)
五十嵐彰(東北大・地学)
中村智樹(東北大・地学)
田中雅臣(東北大・天文)
片田亮(東北大・地物)
塚田悟輝(東北大・地物)
小山俊吾(東北大・地物)
田邊正樹(東北大・地物)
中村勇貴(東北大・地物)
吉田奈央(東北大・地物)
大浦愛菜(東北大・地物)
古賀亮一(東北大・地物)
木村智樹(東北大・地物)
笠羽康正(東北大・地物)
黒田剛史(東北大・地物)
晝場清乃(東京理科大)

これまで覗きに来てくれた人(順不同)

小林詩歩(東北大・地学)
松本恵(東北大・地学)
村田功(東北大・地物)
山田(NICT)
垰千尋(NICT)
藤縄(NICT)
山内(NICT/学芸大)
宮本明歩(東北大・地物)
熊本篤史(東北大・地物)

仙台市天文台×東北大学大学院理学研究科 公開サイエンス講座 2019年度第2回 「地球 vs 宇宙 ~海と火山~」のご案内

2019/9/15(日) 12:00-17:00、仙台市天文台 加藤・小坂ホールにてアウトリーチイベントが行われます。当イベントには惑星大気所属の学生も多数参加します。

テーマは地球と宇宙にある衛星が持つ、海と火山です。
最近の研究により、木星衛星には海や火山を持つものが存在していると明らかになりました。一体どのようにして存在が調べられているのでしょうか?
また、地球では当たり前な存在の海・火山ですが、現在どのような研究が行われているのでしょうか。

理学研究科地球物理学専攻の固体系の研究室・海洋系の研究室と共に、最新の科学をわかりやすく、実験も交えながらご紹介します。

予約は不要で、入場は無料です。
ぜひお越しください。

仙台市天文台 アウトリーチ紹介リンク
http://www.sendai-astro.jp/event/2019/05/20192-vs.html

2019 Self-semi

2019/5/13
Takami [PDF]
Horinouchi et al. (2018)
Mean winds at the cloud top of Venus obtained from two-wavelength UV imaging by Akatsuki
Earth, Planets and Space (2018) 70:10
https://doi.org/10.1186/s40623-017-0775-3

Toriumi [PDF]
Wordsworth et al. (2017)
Transient reducing greenhouse warming on early Mars
Geophysical Research Letters, 44, 665–671
https://doi.org/10.1002/2016GL071766

Yagi [PDF]
Tu et al. (2015)
The extreme ultraviolet and X-ray Sun in Time: High-energy evolutionary tracks of a solar-like star
A&A 577, L3 (2015)
https://doi.org/10.1051/0004-6361/201526146

Tanabe [PDF]
Ballouz et al.(2018)
The Sands of Phobos: The Martian moon’s eccentric orbit refreshes its surface
Earth and Planetary Astrophysics (7 Sep 2018)
https://arxiv.org/abs/1809.02520

2019/6/3
Yoshida [PDF]
Withers et al. (2015)
Changes in the thermosphere and ionosphere of Mars from Viking to MAVEN
Geophysical Research Letters, 42, 9071-9079
https://doi.org/10.1002/2015GL065985

Suzuki [PDF]
M. C. Pitts et al. (2018)
Polar stratospheric cloud climatology based on CALIPSO spaceborne lidar measurements from 2006 to 2017
Atmos. Chem. Phys., 18, 10881-10913, 2018
https://doi.org/10.5194/acp-18-10881-2018

Miyamoto [PDF]
Shaposhnikov et al.(2019)
Seasonal Water “Pump” in the Atmosphere of Mars: Vertical Transport to the Thermosphere
Geophysical Research Letters, 43, 3095–3104
https://doi.org/10.1029/2019GL082839
2019/6/10
Nakamura [PDF]
S. Cardnell et al. (2016)
A photochemicalmodel of the dust-loaded ionosphere of Mars
Journal of Geophysical Research: Planets, 121, 2335-2348
https://doi.org/10.1002/2016JE005077

Katada [PDF]
Fulton et al. (2017)
The California-Kepler Survey. III. A Gap in the Radius Distribution of Small Planets
The Astronomical Journal, Volume 154, Number 3
https://iopscience.iop.org/article/10.3847/1538-3881/aa80eb

Tsukada [PDF]
Vladimir A. Krasnopolsky (2009)
Seasonal variations of photochemical tracers at low and middle latitudes on Mars: Observations and models
Icarus Volume 201, Issue 2, June 2009, Pages 564-569
https://doi.org/10.1016/j.icarus.2009.01.017

Koyama [PDF]
Atreya et al. (2006)
Oxidant Enhancement in Martian Dust Devils and Storms: Implications for Life and Habitability
Astrobiology, Volume 6, Issue 3, pp. 439-450.
https://doi.org/10.1089/ast.2006.6.439
2019/6/17
Takami [PDF]
Limaye et al. (2017)
The thermal structure of the Venus atmosphere: Intercomparison of Venus Express and ground based observations of vertical temperature and density profiles
Icarus, Volume 294, 15 September 2017, Pages 124-155
https://doi.org/10.1016/j.icarus.2017.04.020

Toriumi [PDF]
Kathryn et al. (2019)
Testing the impact heating hypothesis for early Mars with a 3-D global climate model
Icarus, Volume 330, 15 September 2019, Pages 169-188
https://doi.org/10.1016/j.icarus.2019.04.005

Yagi [PDF]
Ogawa et al. (2012)
Two-dimensional numerical studies on the effects of water on Martian mantle evolution induced by magmatism and solid-state mantle convection
Journal of Geophysical Research: Planets, 117, E06004
https://doi.org/10.1029/2012JE004054

Tanabe [PDF]
K. Willner et al. (2014)
Phobos' shape and topography models
Planetary and Space Science 102 (2014) 51–59
https://doi.org/10.1016/j.pss.2013.12.006
2019/6/24
Yoshida [PDF]
Withers et al. (2019)
Mar’s Dayside Upper Ionospheric composition is affected by Magnetic Field Conditions
Journal of Geophysical Research: Space Physics, 124, 3100–3109
https://doi.org/10.1029/2018JA026266

Suzuki[PDF]
Simmonds et al. (2017)
Changing trends and emissions of hydrochlorofluorocarbons (HCFCs) and their hydrofluorocarbon (HFCs) replacements
Atmos. Chem. Phys., 17, 4641–4655, 2017
https://www.atmos-chem-phys.net/17/4641/2017/

Koyama [PDF]
Harman et al. (2018)
Abiotic O2 Levels on Planets around F, G, K, and M Stars: Effects of Lightning-produced Catalysts in Eliminating Oxygen False Positives
The Astrophysical Journal,866:56
https://doi.org/10.3847/1538-4357/aadd9b

Miyamoto [PDF]
2019/7/1
Nakamura [PDF]
Hu et al. (2015)
Tracing the fate of carbon and the atmospheric evolution of Mars
Nature Communications, 6:10003 (2015)
https://doi.org/10.1038/ncomms10003

Katada [PDF]
Ozima et al. (2005)
Terrestrial nitrogen and noble gases in lunar soils
Nature, 436, 655–659 (2005)
https://doi.org/10.1038/nature03929

Takahashi [PDF]
Fogg (2000)
The ethical dimensions of space settlement
Space Policy 16 (2000) 205-211
https://doi.org/10.1016/S0265-9646(00)00024-2

Tsukada [PDF]
K.E. Fast et al. (2009)
Comparison of HIPWAC and Mars Express SPICAM observations of ozone on Mars 2006–2008 and variation from 1993 IRHS observations
Icarus 203 (2009) 20–27
https://doi.org/10.1016/j.icarus.2009.05.005
2019/7/8
Toriumi [PDF]
Schaefer and Fegley (2010)
Chemistry of atmospheres formed during accretion of the earth and other terrestrial planets
Icarus 208 (2010) 438–448
https://doi.org/10.1016/j.icarus.2010.01.026

Tanabe [PDF]
Nishino et al. (2009)
Solar‐wind proton access deep into the near‐Moon wake
Geophysical Research Letters, 36, L16103
https://doi.org/10.1029/2009GL039444
2019/7/29
Takami [PDF]
Bertaux et al. (2007)
A warm layer in Venus' cryosphere and high-altitude measurements of HF, HCl, H2O and HDO
Nature volume 450, pages 646–649 (29 November 2007)
https://doi.org/10.1038/nature05974

Yagi [PDF]
千秋 博紀 著
火の鳥「はやぶさ」未来編 その9 ~TIRで観る小惑星表面のちょっと下~
2015 年 24 巻 2 号 p. 120-125
https://doi.org/10.14909/yuseijin.24.2_120

Yoshida [PDF]
Thiemann et al. (2018)
Mars Thermospehric Variability Revealed by MAVEN EUVM Solar Occultations: Structure at Aphelion and Perihelion and Response to EUV Forcing
Journal of Geophysical Research: Planets, 123, 2248-2269
https://doi.org/10.1029/2018JE005550

Suzuki[PDF]
M. Rigby et al. (2019)
Increase in CFC-11 emissions from eastern China based on atmospheric observations
Nature 569, 546–550 (2019)
https://doi.org/10.1038/s41586-019-1193-4

Koyama [PDF]
Sholes et al. (2018)
A Maximum Subsurface Biomass on Mars from Untapped Free Energy: CO and H2 as Potential Antibiosignatures
Astrobiology Volume: 19 Issue 5: May 2, 2019
https://doi.org/10.1089/ast.2018.1835

Miyamoto [PDF]
Ruan et al. (2019)
Investigating the semiannual oscillation on Mars using data assimilation
Icarus 333 (2019) 404-414
https://doi.org/10.1016/j.icarus.2019.06.012

Nakamura [PDF]
Nichols, J. D., et al. (2017)
Response of Jupiter’s auroras to conditions in the interplanetary medium as measured by the Hubble Space Telescope and Juno
Geophysical Research Letters, 44, 7643–7652
https://doi.org/10.1002/2017GL07302

2019 セミナー資料

2019/4/19 Nakamura(R) [PDF] Takami(R) [PDF]

2019/4/26 Yoshida(R) [PDF] Toriumi(R) [PDF]

2019/5/10 Yagi(R) [PDF] Murata(S) [PDF]

2019/5/17 Suzuki(S) [PDF] Kuroda(R) [PDF]

2019/5/24 Katada(R) [PDF] Takahashi(R) [PDF] Tsukada(R) [PDF]

2019/6/21 Toriumi(S) [PDF] Nakamura(S) [PDF]

2019/6/28 Yoshida(S) [PDF] Yagi(S) [PDF]

2019/7/5 Takami(S) [PDF] Tanabe(S) [PDF]

2019/7/12 Miyamoto(S) [PDF] Nakagawa(R) [PDF]

2019/7/19 Koyama(S) [PDF] K.Terada(S) [PDF]

2019/10/11 Katada(R) [PDF] Takahashi(R) [PDF] Tsukada(R) [PDF]

2019/10/18 Miyamoto(R) [PDF] Murata(S) [PDF]

2019/11/1 Tanabe(R) [PDF] Kuroda(S) [PDF]

2019/11/15 Koyama(R) [PDF] K.Terada(R) [PDF]

2019/11/22 Suzuki(R) [PDF] Nakagawa(S) [PDF]

2019/11/29 Yoshida(S) [PDF] N.Terada(S) [PDF]

2019/12/6 Toriumi(S) [PDF] Takami(S) [PDF]

2019/12/20 Yagi(S) [PDF] Nakamura(S) [PDF]

2019/1/10 Katada(S) [PDF] Takahashi(S) [PDF] Tsukada(S) [PDF]

2019/1/16 Koyama(S) [PDF] Tanabe(S) [PDF]

2019/1/23 Miyamoto(S) [PDF] Suzuki(S) [PDF]

自主ゼミ [2018]

——————– Former half ——————–

Atmospheric Evolution on inhabited and Lifeless Worlds
[5章 Escape of Atmospheres to Space]

2018/4/24(Tue) 高見 4.4.1 [PDF]
2018/5/9(Wed) 田辺 5 – 5.2.1 [PDF]
2018/5/16(Wed) 八木 5.2.2 – 5.5 [PDF]
2018/5/30(Wed) 宮本 5.6 – 5.7 [PDF]
2018/6/6(Wed) 小山 5.8 – 5.8.4 [PDF]
2018/6/26(Tue) 豊岡 5.9 – 5.10.1 [PDF]
2018/6/27(Wed) 鳥海 BOX5.2 + 5.10.2 [PDF]
2018/7/4(Wed) 吉田 5.10.3 – 5.11.1 [PDF]
2018/7/11(Wed) 高見 5.11.2 – 5.13 [PDF]

——————– Latter half ——————–

Interests of own

2018/11/6(Tue) 中村:  [PDF]
2018/11/13(Tue) 田辺:  [PDF]
2018/11/20(Tue) 宮本:  [PDF]
2018/12/11(Tue) 小山:  [PDF]
2018/12/18(Tue) 高見: 国際航空宇宙展2018レポート [PDF]
2018/1/8(Tue) M1 [PDF]
2018/1/22(Tue) M1 [PDF]
2018/1/29(Tue) M1 [PDF]