7/28 仙台市天文台公開サイエンス講座開催

2018年7月31日は15年ぶりの火星大接近でした。最近も夜空に赤い明るい星が見つけられると思います。

そこで、火星について様々な方に知っていただく機会になればと思い、東北大学大学院地球物理学専攻と地学専攻の学生が協力して、7/28(土)に仙台市天文台にて公開サイエンス講座「火星ってどんなところ?〜人が住めるか考えよう〜」を開催しました。

惑星の形成から過去・現在の火星と探査手法に重点を置いた「体験できる展示」をテーマに、子供達に限らず幅広い年齢層の方々に見て触って火星を楽しく体験していただくことを目指しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「火星にも大気があるの?」「水があったかもしれないの?」「ダストストームって何?」と私たちの研究の発端になるような質問も多く、一緒に話をしているうちに私たちも惑星探査の楽しさを再確認する貴重な機会になりました。みなさんありがとうございました。

吉田奈央  

 

*理学研究科でもご紹介いただいています。

http://www.sci.tohoku.ac.jp/mediaoffice/cat250/

7/28(日) 公開サイエンス講座「火星ってどんなところ?」

今週末 7/28(日)に、仙台市天文台にて、公開サイエンス講座「火星ってどんなところ?〜人が住めるか考えよう〜」を開催します。皆様、奮ってご参加ください。

 

開催日
2018年7月28日
開催時間
12:00 – 18:30
場所 仙台市天文台 加藤・小坂ホール
料金 無料
定員 なし
申込み 申込不要。直接会場へお越しください。
対象 小学校中学年以上
講師 東北大学大学院理学研究科地球物理学専攻・地学専攻のみなさん
主催 仙台市天文台、東北大学大学院理学研究科

サイエンス・デイ2018受賞

今年もサイエンスデイに出展してきました。670名をこえるたくさんの皆様にきていただきました。ありがとうございました!仙台青稜中学科学部の皆様からは貴重な賞をいただき大変光栄です。とりまとめの鳥海くん、参加してくださった学生の皆様、大変おつかれさまでした!

 

 

オープンキャンパス2018 (7月31日(火)と8月1日(水))

オープンキャンパス2018を、7月31日(火)と8月1日(水)の2日間にわたり開催します。この催しでは、大学進学をお考えの皆さん、大学院志望の皆さん、その御父兄や先生方、そして一般市民の皆様に、東北大学理学部 宇宙地球物理学科 地球物理学コース および 大学院理学研究科 地球物理学専攻 が行っている教育・研究について、できるだけわかりやすくご紹介します。ご来場をお待ちしております。詳しくはこちらをご覧ください。

5月6月誕生日会

 

6/1に5月6月の誕生日会を行いました。

 

6/1は私の誕生日でしたが、普段通りケーキを食べるんだろうなぁとケーキを食べることにワクワクしていたところ、

サプライズでPAT BigBandから”Happy Birth day to you”の演奏をしていただきました!!!

みなさん、上手な演奏&歌をありがとうございました!とても嬉しかったです!!

そのあとは普段通りみんなでケーキを食べました。

5月誕生日の相澤さん、中村くん、6月誕生日のAlex, Alles Gute!

文責:吉田

福西浩名誉教授、日本惑星科学連合フェローに任命

本研究室前任の福西浩名誉教授が2018年度地球惑星科学連合(JpGU)のフェローに任命されました。

この制度は、地球惑星科学において顕著な功績を挙げ、あるいは日本地球惑星科学連合の活動に卓越した貢献をされた方をJpGUにおいて高く評価し、名誉あるフェローとして処遇することを目的として設置されたものです。

福西先生は雷に伴うエルブスの発見、陽子オーロラやPc1/Pi2地磁気脈動の特性の解明、新たな計測装置の開発や多数の後進研究者の輩出による超高層大気分野への顕著な貢献により今回の任命となりました。

http://www.jpgu.org/awards/fellow/2018/hiroshi-fukunishi.html

Farewell party 2018

 

鎌田くん・寺田くん・北さん、新天地でも益々のご活躍を!鎌田くん、けん玉王になってください。

 

2017年研究風景 — モスクワ物理工科大 (MIPT)

(2017/11/23)

休日につき、PCの内容整理を別用ついでにやっていたところ、ロシアでの一研究風景の写真をご報告していなかったことに気がつきましたので、添付いたします。

これは、うちの研究室の真下に入っている「セブンイレブン」の入り口・・・・ではなく、
高見くん(D1)・中川くんを現地派遣して赤外線レーザー・ファイバー分光器の共同開発を行なっているモスクワ郊外の MIPT (Moscow Institute of Physics and Technology)の玄関先にある待ち合わせスペースの風景です。本年7月の撮影。

・・・ついつい、上の段にある「バリスタ」を飲んでしまいました。
日本丸出しの何かを外国で見つける、というのは、「TVをつけたら友達がいきなり出てきた」感にやや似た感じを受けます。「おお頑張ってるなあ・・・なんともそぐわなんだけど・・・」。
ダイドーの皆様には、頑張っていただきたいものです。

なお、この共同研究の成果は、先日、高見くんが「第7回 可視赤外線観測装置技術ワークショップ」(京大、11/16-17) でポスター発表してきております。

PS. 他の写真は撮らなかったのか?とお叱りをうけそうですが、各探査機・衛星の試験/出荷写真は山ほどありますけど、そういうものはなかなか貼れないもので・・・
(知的所有権がめんどうなのですよ。)

JGR Editor’s highlight for Takahashi et al., 2017

2017/3に博士号を取得された本研究室OGの高橋さん(東京大・地球惑星科学専攻)の論文が、<b>Journal of  Geophysical Research の Editor’s highlight に選ばれました! <b>
御目出度うございます!

” New insight into solar wind-magnetosphere-ionosphere interactions”
http://agupubs.onlinelibrary.wiley.com/hub/article/10.1002/2017JA023990/editor-highlight/

Takahashi, N., <b>Y. Kasaba</b>, Y. Nishimura, A. Shinbori, T. Kikuchi, T. Hori, Y. Ebihara, N. Nishitani (2017), Propagation and evolution of electric fields associated with solar wind pressure pulses based on spacecraft and ground-based observations, J. Geophys. Res., 122, 8446-8461, 10.1002/2017JA0233990.

本研究室の2017年度の出版論文リストはこちらです.