38億年前、火星には雨と雪が降った? 全球気候モデルが示した流水地形の再現メカニズム

2018年春に修士課程を修了した鎌田君の研究成果です。

A. Kamada, T. Kuroda. Y. Kasaba, N. Terada, H. Nakagawa, K. Toriumi
A coupled atmosphere-hydrosphere global climate model of early Mars: A ‘cool and wet’ scenario for the formation of water channels
Icarus, Vol. 338 (1 March 2020)
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0019103518300927

理学研究科Webのお知らせ記事
https://www.sci.tohoku.ac.jp/news/20200302-10984.html

火星の地表面には約38億年前にできた液体の水が流れた痕とされる「流水地形(バレーネットワーク)」が数多くありますが、それらの形成に必要な温暖な気候を維持する仕組みはわかっていません。これは、当時の太陽が現在より暗く、二酸化炭素の濃い大気をもたせても十分に暖まらないためです。本研究は、この時代の火星の気候と流水を再現できる新たなモデルを開発し、当時の火星が夏に降雨、冬に積雪する「冷涼・湿潤」な気候である可能性を示し、またこの気候が約100万年継続すれば現在の流水地形が形成できることを示しました。これは、隕石の衝突や火山の噴火など突発的な温暖化を考慮しなくても地表に流水が存在しえたことを初めて提唱する結果です。地表に液体の水を持った「第2の地球」の探索に新たなヒントを与えるものです。

流水地形の分布。赤い部分が集中して存在する箇所。(出典:B.M. Hynek et al., Updated global map of Martian valley networks and implications for climate and hydrologic processes, Journal of Geophysical Research Planets, Vol. 115, E09008, doi:10.1029/2009JE003548)
私達のモデル(二酸化炭素 96%、水素3%を主とする地表1.5気圧の大気を持つ)で再現された、流水地形を作るのに必要な「冷涼・湿潤」な気候の継続期間(単位:万年)。


惑星圏物理学分野の古賀 亮一さん(D3)が地球電磁気・地球惑星圏学会において学生発表賞を受賞

惑星圏物理学分野の古賀 亮一さん(D3)が、地球電磁気・地球惑星圏学会(SGEPSS)第146回講演会(2019年10月23日-26日)における学生発表賞(オーロラメダル)を12月8日に受賞しました。また、惑星大気物理学分野の高見 康介さん(D3)、吉田 奈央さん(M2)、宮本 明歩さん(M1)、惑星圏物理学分野の山口 和輝さん(M1)が、次点に相当する優秀発表者に選ばれました。受賞者および優秀発表者の講評等はSGEPSSのWebで公開されています。授賞式は来年5月のJpGU2020年大会中のSGEPSS総会で行われます。

地球電磁気・地球惑星圏学会第146回講演会 学生発表賞(オーロラメダル)受賞者

発表者: 古賀 亮一(惑星圏物理学分野、博士後期課程3年)
発表題名: ALMAアーカイブデータ解析による木星衛星イオの二酸化硫黄大気の火山噴火成分の検出

地球電磁気・地球惑星圏学会第146回講演会 優秀発表者

発表者: 高見 康介(惑星大気物理学分野、博士後期課程3年)
発表題名: Temperature in the Venusian mesosphere observed by mid-infrared heterodyne spectrometer in 2018

発表者: 吉田 奈央(惑星大気物理学分野、博士前期課程2年)
発表題名: Atmospheric compositions in the ionosphere/thermosphere on Mars observed by NGIMS and IUVS on MAVEN

発表者: 宮本 明歩(惑星大気物理学分野、博士前期課程1年)
発表題名: 中間赤外ヘテロダイン分光観測から得られた火星中間圏での2018全球ダストストームによる東西風加速

発表者: 山口 和輝(惑星圏物理学分野、博士前期課程1年)
発表題名: ひさき衛星観測との比較を目指した木星内部磁気圏プラズマの動径方向拡散モデルの開発

田邊 正樹 さんがプラズマ科学のフロンティア2019研究会において学生ポスター賞を受賞

田邊 正樹 さんがプラズマ科学のフロンティア2019研究会において学生ポスター賞に選ばれました。

■受賞者:地球物理学専攻 博士課程前期1年 田邊 正樹

■賞 名:フロンティア2019研究会 学生ポスター賞

■受賞論文: PICシミュレーションを用いた火星衛星フォボスの帯電現象

■受賞年月日:2019年8月9日

■授与機関:核融合科学研究所

■関連URL :プラズマ科学のプロンティア研究会

仙台市天文台×東北大学大学院理学研究科公開サイエンス講座9月15日開催のご案内

PSTEP-SEP-CDAW2019開催のお知らせ

  PSTEP-SEP-CDAW2019開催のお知らせ(2ndサーキュラー)

 太陽高エネルギー粒子(SEP; Solar Energetic Particle) に関する
データ解析ワークショップ(CDAW; Coordinated Data Analysis Workshop)を
開催します。

 SEPは高緯度を飛行する航空機における被ばくや人工衛星の障害など社会基盤に与える影響が大きく、宇宙天気研究における重要な現象です。SEP研究は、太陽フレアやコロナ質量放出(CME;
Coronal Mass
Ejection)における粒子加速機構や惑星間空間での伝播過程など、多くの専門分野に関わる一方、日本では必ずしも活発には行われていません。昨年、新学術領域PSTEP「太陽地球圏環境予測」の枠組みの下、PSTEP-SEP-CDAWを京都で開催し、CMEとSEPについての新たな知見が得られたのみならず、研究者間の交流が活発に行われ成功裡に終わりました。今回、CDAWの第2弾として、本ワークショップを開催することで、日本におけるSEP研究を一層推進したいと考えています。解析テーマなどの詳細はワークショップWebページをご覧ください。

〇日程:2019年8月6日(火)~9日(金)

〇場所:東北大学理学研究科 合同C棟 多目的室
(仙台市青葉区荒巻字青葉6-3)
# 地下鉄地下鉄東西線「青葉山」駅下車すぐ

〇ワークショップWebページ:
https://sites.google.com/view/pstep-sep-cdaw2/
招待講演を含むプログラム、解析テーマなどは
こちらに公開しています。

また、昨年度のCDAWについては、
https://sites.google.com/view/pstep-cdaw/home
をご覧ください。

〇参加申込
https://sites.google.com/view/pstep-sep-cdaw2/registration?authuser=0
からお願いします。
【!参加申込締め切り!】2019年7月6日
上記ワークショップWebページからもたどれます。

※なお、参加申込ページには、旅費援助のご希望の有無についての回答欄が
ありますが、本CDAWは財源が大変限られており、
ご希望に添えない場合があります。

〇その他
・登録費はありません。
・SEPに関する基調講演(レビュー)を前半に行い、その後各テーマごとに集中してデータ解析に取り組んで頂きます。最終日は発表会を開催します。
・仙台七夕の期間中のため、参加をお考えの皆様は早めに宿を確保されますことをお勧めします。
・初日(8月6日)の夕刻に懇親会を開催する予定です。

〇世話人
SOC:小原(東北大)、新田(米・ロッキード)、八代(米・カトリック大)、片岡(極地研)、岡(米・UCバークレー校)、一本、浅井(京大)
LOC:小原、三澤(東北大)

7月14日(日)学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2019

7月14日(日)東北大学川内キャンパスにて 学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2019 が開催されます。
科学って、そもそもなんだろう?―『学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ』は、「科学の”プロセス”を子どもから大人まで五感で感じられる日」をコンセプトに、「学都」として知られる「仙台・宮城」において、2007年度から毎年7月に開催している体験型・対話型の科学イベントです。
理学部・理学研究科からは下記の団体が出展します。
いろんなブースをまわってご家族みなさんでお楽しみください!

■日 時:2019年7月14日(日)9:00〜16:00
■場 所:【メイン会場】東北大学川内北キャンパス
■主 催:特定非営利活動法人 natural science
■参 考:昨年度の様子はこちらからご覧になれます。

■東北大学大学院理学研究科太陽惑星空間系領域「太陽系の歩き方」

・対 象:こどもから~大人まで
・会 場:B103
・申 込:申込不要
・内 容:
みなさんは太陽系の惑星についてどれだけ知っているでしょうか?
水金地火木土天海…並び順は知っていても、それぞれがどんな惑星なのか知っている人は少ないのではないでしょうか。
そこで私たちは惑星についてもっと知るための太陽系旅行をご提案します。
惑星の見所満載の旅行ガイド「太陽系の歩き方」を手に、各惑星への旅行を通して太陽系の惑星についてもっと詳しくなりましょう!

■東北大学理学部・理学研究科広報サポーター「モアモアしおりをつくろう」

・対 象:こどもから~大人まで
・会 場:A202
・申 込:申込不要
・内 容:
簡単な点や線を印刷した透明(とうめい)シートを重ねると、あらふしぎ、きれいなもようができるよ。光の干渉(かんしょう)によって生まれる「モアレ」を使って、模様の変わる「モアモアしおり」を作ろう!
同じパターン模様を少しずらして配置するときに浮かび上がる特徴的な干渉縞「モアレ」は、橋やトンネルなどのたわみなど様々な「ずれ」を感知する技術に応用があり、近年特に注目を集めています。このブースでは、モアレ干渉縞(かんしょうじま)を利用した世界に一つだけのマイしおりをつくります。興味のある人は、色々なパターンを組み合わせて実験し、どうしてこのような現象が起こるのか、考察をしてみましょう。

中村 勇貴 さん、吹澤 瑞貴 さん、高見 康介 さんが日本地球惑星科学連合2019年大会において学生優秀発表賞を受賞

地球物理学専攻 博士課程前期2年 中村 勇貴 さん、博士課程後期1年 吹澤 瑞貴 さん、博士課程後期3年 高見 康介 さんが日本地球惑星科学連合2019年大会において学生優秀発表賞を受賞しました。

■受賞者:地球物理学専攻 博士課程前期2年 中村 勇貴

■賞 名:日本地球惑星科学連合2019年大会 学生優秀発表賞

■受賞論文:Axisymmetric conductivities of Jupiter’s middle- and low-latitude ionosphere

■受賞年月日:2019年7月10日 

■授与機関:日本地球惑星科学

■関連URL :http://www.jpgu.org/ospa/2019meeting/

■受賞者:地球物理学専攻 博士課程後期1年 吹澤 瑞貴

■賞 名:日本地球惑星科学連合2019年大会 学生優秀発表賞

■受賞論文:Correlation between pulsating aurora and electrostatic electron cyclotron harmonic waves obtained from coordinated Arase and ground data

■受賞年月日:2019年7月10日 

■授与機関:日本地球惑星科学

■関連URL :http://www.jpgu.org/ospa/2019meeting/

■受賞者:地球物理学専攻 博士課程後期3年 高見 康介

■賞 名:日本地球惑星科学連合2019年大会 学生優秀発表賞

■受賞論文:Temperature and wind variations in Venusian mesosphere and lower thermosphere by mid-infrared heterodyne spectrometer in 2018

■受賞年月日:2019年7月10日 

■授与機関:日本地球惑星科学

■関連URL :http://www.jpgu.org/ospa/2019meeting/

太陽系・惑星系と地球(現代地球科学入門シリーズ1)出版のお知らせ

出版のお知らせです。図書室に実物がありますのでご覧ください。笠羽先生が主著者の一人です。

==========================================================
太陽・惑星系と地球 (現代地球科学入門シリーズ 1)
(佐々木/土山/笠羽/大竹)

[共立出版]
https://www.kyoritsu-pub.co.jp/bookdetail/9784320047099 …

[目次]
https://www.kyoritsu-pub.co.jp/app/file/goods_contents/3269.pdf …

[Amazon]
https://www.amazon.co.jp/dp/4320047095/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_dwcfDb86VVNZ6
… @amazonJP
==========================================================